ニキビ洗顔石鹸を選ぶポイント

ニキビ洗顔石鹸を選ぶポイント[ニキビに効く洗顔料ランキング]

ニキビ洗顔石鹸を選ぶポイント

ニキビ洗顔石鹸を選ぶポイントはどんなところでしょうか。
まず、石鹸との相性がありますから、最終的には使ってみないと分かりません。

 

初めて購入するなら、その商品の口コミを確認しましょう。
また、小さいタイプや肌に合わなかったら返品OKの商品もお勧めです。

 

ニキビ洗顔石鹸には、炎症を抑える効果がある成分を配合している商品がお勧めです。
ニキビは、毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こして赤くなった状態です。

 

炎症が進むとジュクジュクと膿んでしまうこともありますよね。
炎症を抑えるためには、抗炎症成分が入っているニキビ洗顔石鹸がお勧めです。

 

例として、グリチルリチン酸2K、アラントイン、イオウ、ヨモギエキス、甘草エキス、シソエキス等があります。大人ニキビも思春期ニキビも炎症は起こしますからどんなニキビにも抗炎症作用は必須です。

 

泡立ちが良く毛穴の中の汚れをしっかり吸着してくれるニキビ洗顔石鹸がお勧めです。
ニキビは、毛穴に余分な皮脂や汚れ、メイクなどが詰まることが原因で起こりますから、

 

毛穴の中をきれいにすることがとても大切です。正しい洗顔を行い、常に清潔な状態を保つことができれば、自然にニキビが出来にくい肌に近づけることができます。

どんな洗顔料がベストか?

ニキビの原因は、毛穴の中の取りきれない皮脂や汚れ、メイクの取り残し等が合わさってアクネ菌が繁殖して起こります。ですから、毛穴の奥の汚れまでゴッソリ取ってくれて、肌に優しいニキビ洗顔石鹸がお勧めです。

 

ポイントは、泡立ちが良く、汚れを吸着してくれて、お肌に優しく保湿効果のあるタイプがお勧めです。
手の摩擦で洗う洗顔方法だと、ニキビができて過敏になっている肌には刺激が強く、悪化してしまう可能性があります。肌には優しいのにしっかりと汚れを取り除くのがベストです。

 

肌に刺激が強いからといって汚れが強力に落ちているとは限りません。

 

すでにニキビが悪化して、洗顔してもヒリヒリするようなら皮膚科を受診するのも検討しても良いと思います。皮膚科にも洗顔フォームや化粧水等を紹介・販売してくれる場合もあります。

 

市販品ではなかなか効果が出なかったり、肌が弱い方は検討してみても良いと思います。

 

洗顔フォームや洗顔石鹸をよく泡立てないまま使うと、
毛穴に詰まる原因になりますから必ずしっかり泡立てネットでホイップしてから洗顔しましょう。

 

フルーツ酸配合のピーリング洗顔石鹸もニキビに効果的です。
使いすぎは良くありませんが、時々、いつもの洗顔の代わりに使うとニキビに効果的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ