美容皮膚科でニキビ対策

美容皮膚科でニキビ対策[ニキビに効く洗顔料ランキング]

美容皮膚科でニキビ対策

白にきびや黒ニキビなど初期症状の段階であれば、
自分で行う洗顔によるケアできれいに治るケースが多いですが、

ニキビ痕が残るほどであれば早めに
皮膚科や美容皮膚科などで、専門医の診察を受けるのも良いでしょう。

美容皮膚科や皮膚科では、その人のニキビのタイプや
肌質に合ったニキビ治療が行われています。

ピーリングは、美容皮膚科では定番のニキビ治療法のひとつであり、
この他にはレーザー機器を用いた治療法もあります。

ニキビが比較的軽い症状であれば、
塗り薬を処方される程度ですむこともあります。

この他には、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法などもあります。
美容皮膚科で治療を受ける場合、病気の治療ではなく、
健康保険の適用対象外となるのが一般的です。

ニキビ痕について

ニキビが白にきび、白ニキビから黒にきび、黒ニキビから
赤ニキビに進行すると、ニキビ痕が残りやすくなります。

そもそもにきび痕は、ニキビが悪化した状態であり、
お肌のターンオーバーに支障を来たした状態でもあります。

本来は、顔のお肌に傷ができたとしても、お肌の新陳代謝が
正常であれば、時間の経過とともに自然に治ります。

わたしたちのお肌の表面には表皮が存在しており、
新陳代謝が活性化されることにより、いずれは垢となって剥がれ落ちます。

表皮の下には真皮があり、真皮がどんどん皮膚の表面に出て、
新しく表皮となり、これを繰り返しています。

にきび痕は、しこりのように見えることもあり、
月のクレーターに例えられることもあります。

にきび痕を残さないために、皮膚科専門医の診察を受けて、
適切な治療を受けるのも良い方法です。

ホーム RSS購読 サイトマップ