ニキビができる主な原因は?

ニキビができる主な原因は?[ニキビに効く洗顔料ランキング]

ニキビができる主な原因は?

ニキビができる外的な原因

ニキビができる原因にはいろいろ考えられますが、
ここでは外的な要因によるニキビ発生の原因について、ご紹介しましょう。
ニキビが1度できてしまうと、とくになにも処置をしないままでいると、
白ニキビから赤ニキビへと、皮膚の炎症の症状が進行することがあります。

ニキビができると、なかなか治りが遅かったり、症状の進行が気になり、
つい手で触れたり、爪でつぶしたり、手の指や爪などで刺激を加えてしまうと、雑菌が侵入しやすくなり、症状をより悪化させる原因になります。

髪やお肌を不潔にしていると、雑菌や汚れが付着しやすくなりますので、
ニキビがだきやすくなります。ふだんから洗顔や洗髪は、丁寧に行いましょう。

ニキビができやすい原因として、ふだん使っている洗顔料や
化粧水などのスキンケア製品が、お肌に合っていない場合も考えられます。

ニキビができる内的な原因

にきびができる原因で、使っている化粧品やお肌のお手入れの
方法などが間違っていなくても、にきびが発生する場合があります。
思春期にできるニキビの原因の大半が、男性ホルモンや女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされています。

男性ホルモンは、男性だけに存在しているホルモンではなく、
実は女性にも男性ホルモンが存在しています。
とくに、思春期には心身ともに著しく成長している中で、
ホルモンの分泌量が急激に増加することで、ホルモンバランスが乱れやすい状況にあります。

また、不規則な生活習慣や心身のストレスなどにより、
お肌のターンオーバーが乱れやすくなり、にきびができることもあります。

とくに、生理前後、または生理中になると、女性ホルモンの
黄体ホルモンの分泌量が増えてきますので、ニキビができやすくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ