ニキビと運動不足

ニキビと運動不足[ニキビに効く洗顔料ランキング]

ニキビと運動不足

運動不足とニキビは、とくに関係なさそうに見えますが、実は深い関係があります。
運動不足になると、血流やリンパの流れが滞りやすくなり、
お肌の新陳代謝にも影響してきます。

お肌の表面上には、とくにお肌トラブルがないように見えても、
運動不足による血液循環やリンパの滞りは、お肌の角質層には
大きなダメージを与えやすく、角質層の硬化が進行してきます。

本来、お肌の角質層にはある程度、柔軟性がありますが、
硬化するとお肌本来のターンオーバーにも影響してきます。

忙しい現代人は、つい運動不足になりがちですが、
とくにスポーツジムに通ったり、激しい運動をする必要はありません。
ウォーキングなど、できるだけ歩く習慣をつけるように心がけると良いでしょう。

睡眠でニキビ対策

昔から「寝る子はよく育つ」「美人は夜寝ている間に作られる」と
いう言葉を耳にしますが、実はこれにはしっかりとした根拠があります。

スキンケアや食事も大切ですが、正しい睡眠をとることも大切です。
しかし、睡眠時間を十分にとってさえいれば、お肌を美しく
保つことができるというわけではありません。

睡眠は1日10時間もとる必要はなく、6〜8時間程度で十分ですが、
睡眠時間の長さよりは睡眠の質が問われます。
夜10時〜深夜2時までは成長ホルモンの分泌量が多いと言われており、
この時間帯には熟睡することが重要ポイントになります。
とはいっても、忙しい現代人は
夜10時に床に就く人はまだまだ少ないようです。

私たち人間には、体内時計が備わっており、この時間に、
お肌の細胞分裂や新陳代謝がもっとも活性化します。

ニキビケアを意識して、正しい睡眠のサイクルを保つように、
心がけておくと良いでしょう。

胃腸に負担をかけやすくなることから、就寝2時間前には、
飲食をしないように注意しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ